淡い中にも深みのある、“あまべ藍”色

おもちゃの病院

地域の新聞記事にこんな見出しがありました「今週末!○○センターでおもちゃの病院が...」という言葉を2、3度見してしまいました。一瞬、ん?と真剣な目でその記事を読み始めましたが、すぐに気持ちが温かくなりました。

繰り返しますが何とも温かい気持ちになりました…とても素晴らしい活動だと思いました。

物を大切にすることや、子供の夢や希望を大きくすること、受け継がれて残される意味などなど。有り難いことに豊富にモノがある時代だからこそ生まれる価値があるにだなと思いました。

「今週末、おもちゃの修理します!」ではもしかしたら目に入らなかったかもしれませんし、入ってもここまで心に温かく残らなかったかもしれませんね。伝え方や言葉選び1つで心を動かすこともあるのですね。

自宅にも、おもちゃの病院に持って行けるものがないか…探してみようと思います。夢が膨らむトキです。

そんな高まる気持ちが、私たちまでも元気に健康にしてくれる「おもちゃの病院」に感謝します!

 

ワッフルハラマキの商品を見る

 

ページ上部に戻る