ようこそ!腹巻きのストーリーについて

快眠のために

1日を気持ち良く過ごすのに、朝目覚めた時の脳や体の状態は大きく影響すると思います。
スッキリ目覚められると、出だし良好!とその後も気持ち良く過ごせますよね。

その目覚めの良さは、夜寝る時の状態も大いに関係してくる気がします。寝る前に深呼吸をしたり軽くストレッチをして、その日のOFFスイッチを入れるのと入れないのとでは違う気がします。
次の日の為にリセットする、という意識で眠りにつくだけで違った目覚めを体感出来ると思います!

私たちの体は様々な影響を受けやすくデリケートでもありますが、自分自身の自律神経を上手くコントロールしながら、活動時間と睡眠時間のバランスを取ることで無理なく快適な状態で過ごすことができます。
意識的に自律神経を整えてあげることです。多くの方が聞いたことがあると思いますが、自律神経には身体を活発に働かせる「交感神経/ON」とリラックスさせる「副交感神経/OFF」があります。

良い睡眠をとるということは副交感神経を十分に働かせてあげて、心身がリラックスした状態で深い眠りをすること。
自分でONとOFFを意識的に切り替えたり、もしONが続き過ぎた場合にそのことにまず気づき、意識的にOFFにしたり..
そのようなコントロールを自ら柔軟にしてあげることが大切だと思っています。

 

 ワッフルハラマキの商品を見る

 

 

ページ上部に戻る