淡い中にも深みのある、“あまべ藍”色

意識をする

例えばストレッチをする時、体の様々な腹筋に意識を向けることはありますか?さらに言えば血の巡りを意識するなど...

ストレッチのポーズや手や足の動きを意識することはあっても、目に見えない体内を意識することはあまりないでしょうか。。頭で想像をすることなので人によっては簡単ではないかもしれませんが、筋肉がどんな動きをしているのか、血がどんな感じに流れているのかを自分なりにイメージすることはとても大切だと言われます。

ヨガやピラティスなどを体験したことのある方は、呼吸を意識して...と聞くことがあると思います。イメージとしては自分が風船となり、空気を入れ体が膨らみ、膨らみきったら吐き出す...そのことにより血や気の巡りが良くなることまでイメージすると、体が活性化されるのを感じます。

さらに伸ばした筋や筋肉に意識を向けることでしっかりと体全体に酸素が送り込まれ、質の良い鍛え方が出来より効果的に体に働きかけることが出来るようです。

体に意識を向ける方法としてとても簡単なのが、腹巻きを着用することです!ワッフルハラマキが体の健康に意識を向けるきっかけになれば嬉しいく思います。
腹巻きをすることでご自身の意識がお腹や腰回りに向き、温かいと感じることでまずは体が安心感を覚え、血の巡りを良くしようとします。そして体温があがれば免疫力も上がると言われています。特別に難しいことはなく、簡単にご自身の体に向き合うことができます!

ページ上部に戻る