”健康”を贈るということ

湿度と暖房

寒い季節になると悩みの一つに「乾燥」がありますよね。

乾燥はのど粘膜を弱くしてしまい、風邪菌の侵入を防ぐことができなかったり免疫力が低下すると言われています。困りますね。。
外の空気の乾燥もそうですが、部屋を暖めるために暖房をONすると空気は暖かくなるものの湿度は下がり、やはり乾燥してしまいます。

そんな時は濡らしたタオルを部屋に吊るしたり加湿器をつけたり、湿度を50~60%くらいに保つと良いようです。
湿度があるということは体感温度を上げることにもなります。冬場に湿度を上げると、私たちは汗の蒸発が抑えられる為、暖かく感じることができるのです!

暖かく感じることに加え、お肌の乾燥やのどの乾燥を防ぎ、嬉しいことばかりですね。体感温度を上げてワッフルハラマキでお腹も温かく、寒い冬をぽかぽかで乗り越えて下さいね。

 

 

ワッフルハラマキの商品を見る

 

 

ページ上部に戻る