淡い中にも深みのある、“あまべ藍”色

腹巻きと生活してみる

 

季節が変わる時期、朝晩と昼間の気温差があると体は疲れを感じやすくなります。私たちの体はとても繊細で”変化”に弱いところがありますね。気温の差は内臓への負担になる為、血の巡りがスムーズにいかなくなるのでそれが疲れとして体が感じるようです。

とても分かりやすい例えで言うと、寒いお風呂場にいて体が冷えている状態でいきなり温かい湯船に入ると心臓へ負荷がかかります。急に心臓がバクバクするという状態です。
湯船に入り芯からリラックスできるよう、浴室を湯船の湿気で暖かくしておいたり、手足に少しずつお湯をかけてから湯船に入るなど、工夫する必要がありますね。

季節の変わり目の困りごと...着る洋服に困る、という会話を多く耳にします。いつ衣替えをしようかとも悩みますしね。
そんな時の強い味方が”腹巻き”です!ハラマキで体の芯の内臓も体表も温かくしておけば多少の気温の変化は気にならなくなります!体温が1度でも高くなると免疫力がアップすると言われています。

自己免疫力は何より健康な体を維持するチカラとなります。ワッフルハラマキより、腹巻き生活をおすすめします。

 

 

ワッフルハラマキの商品を見る

  

 

ページ上部に戻る