淡い中にも深みのある、“あまべ藍”色

色のイメージ

日本は春夏秋冬、四季のある国ならではの季節の移り変わりから、自然が見せてくれる色彩観を古く平安時代から、十二単(じゅうにひとえ)などに反映させていたようです。

春はパステル調のピンクやペールブルーなど淡い明るい色を、夏は鮮やかな色彩系で白や水色を連想させます。

秋は濃い深みのあるカーキやベージュなど暖色系を、冬はライトグレーなど中間色系や黒も連想させます。

上記は日本人の持つ色のイメージの話ですが、時代は変われど私たちは“色”を意識してきた歴史があるのですね。

現代は街やアパレルショップを見ても、季節の色はあるものの様々な色でファッションを楽しめるようになりましたよね。その日の気分で着る洋服も楽しめるのが楽しいですね。

しかしそんな中でも、ファッションを楽しみたいけれど仕事の時は大人しめな色でなければならない方や、毎日忙しくてあまり洋服にこだわれないという方、いつもだいたい同じスタイルや色になってしまうという方も少なくないと思います。
そんな方はぜひ、インナーで色を楽しむということをしてみて下さい。ワッフルハラマキでもカラーを楽しんでいただけます!インナーなので自分だけの楽しみとして、お好きな色を身に着けてみて下さい。気分の変化もお楽しみいただけると思います。

https://waffle-haramaki.com

 

ページ上部に戻る