ようこそ!腹巻きのストーリーについて

雪!

珍しく雪が降りました!徳島県の“ワッフルハラマキ”工場がある辺りは海に近く、雪が降るのはとっても珍しい光景です。

子供はカメさんロゴの付いたハラマキでお腹を温かくして、外で大はしゃぎ!子供は風の子ですね。寒くても暑くても気にしなーい。元気な証拠です。

ただただ外を駆け回りたい!という、前だけを向いた気持ち。大人が少し忘れかけている気持ちだったりしますよね。

大人になると実際は、子供のように前進するばかりではいられない様々な事情が誰にもあります。しかし違った角度からの考え方や進め方を見つける努力や工夫は出来るもの。

子供の頃から誰もが持っている、ただただ前進する気持ちをたまには奮い起こして、柔軟に健康な気持ちで過ごしたいものですね。

  

ワッフルハラマキの商品を見る

 

 

Related Posts

1964年東京オリンピックに納入した「聖火ランナーのランニング」
1964年東京オリンピックに納入した「聖火ランナーのランニング」
実はワッフルハラマキをプロデュースするトータスは1964年の東京オリンピックに参加しているんです。 それは競技ではなくウェアづくりとして。肌着などメリヤス生地を縫製する技術が認められ、聖火ランナーが着るウェア(ランニング)を作らせてい...
Read More
冬から目覚めて
冬から目覚めて
人も動物も寒い季節は様々なエネルギーを蓄える時期ですが、暖かくなるとともに少しずつ、外へ外へ向いて動き出し活動的になります。寒くて縮こまっていた体も、内向的な気持ちまでも活発に動き出します。腕を上げて背伸びをして、ヨシッ!と気合を入れ...
Read More
心も体も温かくなるインナー
心も体も温かくなるインナー
外から見えないインナー着、肌着。自分にしか分からない肌心地と自分らしい色柄は、秘めた喜びや高まる気持ちを持たせてくれる、実はとっても大切な存在だと思うのです。 ワッフルハラマキも着用時は誰にも見えずお腹だけを温かく包むアイテム...
Read More
春の訪れ...”つくし”
春の訪れ...”つくし”
  まだ寒暖差の日が続く2月中旬頃、私たち人間はまだまだ寒いーと体を縮めたままの頃ですが、自然の草花たちは、春はすぐそこですよ~と私たちにきちんと見えるカタチで教えてくれます。とても愛おしい姿で芽吹き始め、私たちの目を楽しませて食卓の...
Read More
ページ上部に戻る