ようこそ!腹巻きのストーリーについて

1964年東京オリンピックに納入した「聖火ランナーのランニング」

実はワッフルハラマキをプロデュースするトータスは1964年の東京オリンピックに参加しているんです。

それは競技ではなくウェアづくりとして。肌着などメリヤス生地を縫製する技術が認められ、聖火ランナーが着るウェア(ランニング)を作らせていただいております。

1897年の創業以来、”事業は全ての人の健康のため”と考えて取り組んできたことが一つ実った時でもありました。

現在はその技術を進化させながらワッフルハラマキに受け継いでおります。

Related Posts

ワッフルのでこぼこ/凹凸のメリット
ワッフルのでこぼこ/凹凸のメリット
"ワッフルハラマキ"の素材の表面をよく見ると、でこぼこしています。ベルギーの焼き菓子"ワッフル"に見た目が似ていることから"ワッフルハラマキ"と名付けました。 一般的に売れらているタオルや洋服類でも、ワッフルタオルなどご存知かと思いま...
Read More
絵本の世界
絵本の世界
絵本は子供に読み聞かせをしたり子供向けという認識でいると思いますが、機会があれば自分のために、改めて読んでいただきたいと思うのです。 懐かしの絵本でも初めて出会った本でも、一つ一つの言葉をじっくりかみしめながら想像を膨らませて.....
Read More
腹巻きの着け方
腹巻きの着け方
”ワッフルハラマキ”より、おすすめの腹巻きの着け方をご紹介いたします! 腹巻きという名称からお腹だけに巻くものと思われがちですが、ぜひぜひお腹~ヒップまでをしっかりと包んであげて下さい。ワッフルハラマキはあえて約30㎝ほどの長さで作っ...
Read More
幸せの価値観
幸せの価値観
家族やパートナーとの会話、時間を忘れていつまでも話ができること。あっという間に時間が過ぎる友達との時間。日常の何気ないことを幸せだと感じられる価値観。 北欧諸国ではそんな価値観を”ヒュッゲ”と言うそうです。もちろん一人の時間に自分と...
Read More
ページ上部に戻る