ようこそ!腹巻きのストーリーについて

1964年東京オリンピックに納入した「聖火ランナーのランニング」

実はワッフルハラマキをプロデュースするトータスは1964年の東京オリンピックに参加しているんです。

それは競技ではなくウェアづくりとして。肌着などメリヤス生地を縫製する技術が認められ、聖火ランナーが着るウェア(ランニング)を作らせていただいております。

1897年の創業以来、”事業は全ての人の健康のため”と考えて取り組んできたことが一つ実った時でもありました。

現在はその技術を進化させながらワッフルハラマキに受け継いでおります。

Related Posts

冬から目覚めて
冬から目覚めて
人も動物も寒い季節は様々なエネルギーを蓄える時期ですが、暖かくなるとともに少しずつ、外へ外へ向いて動き出し活動的になります。寒くて縮こまっていた体も、内向的な気持ちまでも活発に動き出します。腕を上げて背伸びをして、ヨシッ!と気合を入れ...
Read More
心も体も温かくなるインナー
心も体も温かくなるインナー
外から見えないインナー着、肌着。自分にしか分からない肌心地と自分らしい色柄は、秘めた喜びや高まる気持ちを持たせてくれる、実はとっても大切な存在だと思うのです。 ワッフルハラマキも着用時は誰にも見えずお腹だけを温かく包むアイテム...
Read More
春の訪れ...”つくし”
春の訪れ...”つくし”
  まだ寒暖差の日が続く2月中旬頃、私たち人間はまだまだ寒いーと体を縮めたままの頃ですが、自然の草花たちは、春はすぐそこですよ~と私たちにきちんと見えるカタチで教えてくれます。とても愛おしい姿で芽吹き始め、私たちの目を楽しませて食卓の...
Read More
海部川風流マラソン!
海部川風流マラソン!
ワッフルハラマキが生まれる地域で、2019年2月17日(日)に日本全国的にも有名なフルマラソンが開催されました!全長約36kmと短い川ですが標高差が1,300kmもあり急流な為、山間部を流れる間に水が淀むことがなく、全国で水がきれいな...
Read More
ページ上部に戻る