おなか、 あたたまってますか?

お腹の冷えは表面的な冷えと異なり、わかりにくいもの。
お腹は体の調子の変化を敏感に感じとり、工夫して教えてくれています。
 
例えば、手足の指先が冷たい、何枚も重ね着をしたり、カイロなどで一生懸命温めても、全く改善しない。ということはないでしょうか?

それは“お腹の冷え”が影響しているかもしれません。
 
大切な臓器が多く集まるお腹が冷えると、体はお腹とその近い部分を集中して温めようとします。
そのため、一番遠い手先や足先が冷えやすくなるのです。

その他にも、お腹は冷えを感じると、温めるためにお腹まわりにたくさん脂肪を蓄えようとします。

また、冷たい飲み物やアイスなどを口にすると、お腹が急に冷やされます。体の反応としてはすぐに外に出そうとする為、下痢になったりもします。

逆に常にお腹が冷えていると、温かいものを体から出さないようにと、便秘になったりもします。

お腹は、いろんなかたちで冷えのサインを出し、教えてくれます。だからこそ、お腹の声に耳をかたむけてお腹を労わり温めることがとても大切。

お腹を温めるだけで全身が効率よく温められ、体の巡りをサポート。

日常に腹巻を取り入れることで、手軽にお腹を温めることができ、体の内側から美しくヘルシーな体へと導いてくれます。

ぜひ、お腹を温める習慣を身につけてみてください。

 

 online store →