¥7,000以上ご購入で送料無料!

お腹は全てを守っている

お腹は大切なものを守るため信号を送り続けている

『手足の冷え』『重く長い生理痛』
『お腹周りの脂肪』『下痢や便秘』

思い当たることが多いのではないでしょうか?お腹の冷えは、表面的な冷えと異なりわかりにくいもの。おなかは体の調子の変化を敏感に感じ取り工夫して教えてくれているのです。だからこそお腹に優しくすることがとても大切です。

ワッフルハラマキ 冷え性、生理痛に
「おなか」は、冷えを感じるとすぐに、温めて冷えから守ろうとします。そのために、冷えを感じるとお腹周りに沢山脂肪を蓄えようとします。特に子宮などは、大切な命を育むところなのでとても敏感、大切なものを守ってほしい!とメッセージを送ります。また、冷たい飲み物やアイスなどを口にすると、お腹が急に冷やされます。体の反応としてはすぐに外に出そうとする為、下痢になったりもします。逆に常にお腹が冷えていると、温かいものを体から出さないようにと、便秘になったりもします。
ワッフルハラマキで末端冷え性を改善
”冷え性”を持つ方の多く感じているのは手先足先の末端の冷え。カイロや手袋で一生懸命手足を温めても、全く改善しない。それも実はお腹の冷えが影響しています。体に重要な臓器が集まるお腹が冷えると、お腹とその近い部分を集中して温めようとします。その為、手先や足先に温かい血液が回りにくくなっていきます。
 

一日中、年中、季節問わず腹巻きが活躍

お腹からのメッセージに気がつき、お腹を温めることでお腹が安らぎます。お腹を守ってあげることで様々な症状が改善に繋がるかもしれません。
ワッフルハラマキは製品を通して、健康でいることで生まれる家族や大切な人との時間を、より幸せにするよう日々努力しています。
ページ上部に戻る