オリジナルワッフル構造

ワッフル構造のひみつ

  • 柔軟性に優れていて、第二の肌かのように体にフィットし、ズレにくい
  • 締めつけを感じない伸縮性
  • 生地の凸凹に空気の層を作り、自身の体温を保温し、逃がさない
  • 糸と糸の間に空間があり、通気性も抜群。速乾性がある
  • 生地の表面が凸凹していることで、肌に触れる面積が少なくソフトな肌触り
  • 薄くて軽やか、着けていることを忘れてしまう心地よさ

 

腹巻としていちばん最適な生地の構造であること。
心と体に優しい肌触りであること。
エンバランス糸の効果を最大限に活かせること。
これらの条件を満たす構造を探し求め、何種類もの編み立ての中から試行錯誤し、たどり着いたのが、ブランド名の由来にもなった『ワッフル構造』です。

日本に数台しかない貴重な編み機で、ゆっくりと丁寧に素材本来のやわらかさを活かしながら、ふんわりと編み上げられています。

 

エンバランス糸の機能性とワッフル構造の相乗効果

腹巻を30分着用し、着用前と後の表面温度を計測。
着用前は29〜30℃に対して、着用後は34〜35℃に上昇。お腹だけでなく首や腕にも変化があることから、waffle haramakiの腹巻を着用することで体を温め、全身の巡りをよくする効果があると言えます。


※表記されている温度差は着用する環境や個人によって異なります。